外壁塗装|松戸市|塗料選びのポイント

塗装・防水の千葉県松戸市高松工業
高松工業会社概要 塗装・防水工事体験談 お問い合わせフォーム ライン
塗料選びのポイント

一口に「塗料」といっても、
その材質や施工方法で耐久年数が大きく変わってきます。

たとえば、ひび割れに強い塗料、透湿性に優れている塗料、紫外線に強い塗料、汚れにくい塗料など、その特徴はさまざまです。また施工方法においても、同じ塗料を塗り重ねる「単層仕上げ」から、ひび割れに追従して割れを防ぐ下地材を使用した「複層仕上げ」まで、こちらもさまざまです。要は立地条件や築年数を考慮した上で、その仕様を決定していくことが大切です。

私たち高松工業では現場を調査し、その改修方法に応じた数種類の塗料とそれぞれに適した施工仕様および費用のご提案をしております。立地条件や築年数から「施主様の立場に立って」その仕様を決定していきます。

家の外壁の塗り替え塗料を選ぶ4つのポイント

1.塗替え回数を削減できる塗料か?

住宅の品質をいつまでも維持させながら、子から孫へと住み続けていくためには、メンテナンスが不可欠です。従来の外壁塗料の寿命は7年から10年といわれていますが、これでは住宅寿命の間に2~3回の塗り替えが必要となります。(日本の住宅寿命は約30年~40年「総務省住宅統計調査より」)そこで、12年~15年の寿命を持つ塗料を選択することにより、塗り替え回数を1~2回に削減することが可能です。

塗替え回数を削減できる塗料か

2.紫外線に強い塗料か?

化粧品のUVカット技術で紫外線から肌を守るように、住宅も守る必要があります。紫外線がシミの原因になるのと同様、住宅の場合は色落ち、白化、さらにヘアークラックと呼ばれる細かなひび割れの原因となり、そこから水分が浸入して激しい劣化現象を引き起こすのです。そのようなことを防ぐ為には、過酷な環境でも耐えられる紫外線に強いシリコン樹脂以上の塗料をお薦めします。

変色の目立つ外壁

 ← 変色の目立つ外壁

3.環境にやさしい塗料か?

塗り替えをする場合には周囲への配慮も大切です。使用する塗料には水性系がベストです。いやな臭いもなく、取り扱いも安全であるため、人にやさしい塗料です。

4.汚れやカビから建物を守る塗料か?

新築から10年以上も経つと、ベランダに見られる筋状の汚れ、庭木の周囲や北面で発生するカビ・藻による汚れなど、さまざまな汚れが目立ってきます。現在の塗料技術ではカビや藻などの汚れを根絶することは不可能ですが、長期間にわたって防止することは可能です。そのためには下塗りから上塗りまで、カビ・藻を防止する機能のついた塗料を選択することをお薦めします。

藻の発生した外壁

 ← 藻の発生した外壁

↑ページ上部へ

私たちがシリコン塗料をお勧めする理由

戸建て住宅外壁の施工方法は、元来コンクリート、漆喰などを使用した湿式でしたが、20年ほど前より、窯業系サイディング材に代表される乾式パネル工法にシフトし、デザインの多様性や高級化志向のニーズにマッチしたこともあって、今や新築住宅の65%を占めるようになっています。

窯業系サイディング材は主としてセメント系原料と繊維系原料を用いて造られており、コンクリートなどよりも①蓄熱性が高い(図1)、②内部に蓄水し易いことから、塗り替えをした場合、従来の被塗物に塗装するよりも非常に劣化が速くなっております。

図1

夏季の外壁素材の違いによる壁面温度

※夏季の外壁素材の違いによる壁面温度。日本ペイント株式会社調べ

以上の様な要因で私どもは、窯業系サイディングボードの塗り替えに標準を合わせて開発している、セラミックハイブリッドシリコン塗料(日本ペイント㈱の「水性シリコンセラ」)を、お勧めしております。特徴としましては、シリコンアクリルエマルションと特殊セラッミクを複合した“セラッミックハイブリッドシリコン技術”を採用し、耐候性の向上を図っております。(図2)

図2

「水性シリコンセラ」のセラミックハイブリッドシリコン技術模式図

※「水性シリコンセラ」の“セラミックハイブリッドシリコン技術”の模式図

シーラーは脆弱な被塗物に浸透し、補強する機能を持ちます。脆弱な被塗物には無数の細孔が空いており、シーラーはこの細孔に深く浸透して強固にし、アンカー効果によって付着効果を上げます。従来のシーラーは、メインバインダーはエマルションであり、塗装した場合、サイズが150mm程度のエマルション粒子は大半の細孔に浸透できず、水のみが浸透してしまいます。

そこで、「水性シリコン浸透性シーラー」は

  1. エマルション粒子径を従来の1/3の50mmにすることで、被塗物への浸透力を大幅に向上させました。
  2. カチオン系にすることで、素材中に含有されるアルカリ成分をに対する安定性を向上させました。
水性シリコン浸透性シーラー

↑ページ上部へ

セラミック変形シリコン塗料または
4フッ化フッ素樹脂塗料をお薦めしています。

外壁・屋根それぞれに適した塗料があります。

外壁の塗装では:アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素の4種類
屋根の塗装では:ウレタン・シリコン・フッ素の3種類

のお見積もりを提出し、それぞれのメリット・デメリットを説明して、施主様の目的・予算に合わせ 一緒に考えていきます。もちろん、仕上げ材だけでなく、下地の処理の方法もご説明していきます。

外壁・屋根それぞれに適した塗料があります。
外壁の塗装では:アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素の4種類
屋根の塗装では:ウレタン・シリコン・フッ素の3種類

のお見積もりを提出し、それぞれのメリット・デメリットを説明して、施主様の目的・予算に合わせ 一緒に考えていきます。もちろん、仕上げ材だけでなく、下地の処理の方法もご説明していきます。

 
塗料の種類
アクリル樹脂塗料
ウレタン樹脂塗料
(一般的な住宅塗替用塗料)
塗料種類 アクリル樹脂

安価で幅広く使われていますが、外部用としては長期耐久性に不安があります。
塗料種類 ウレタン樹脂
●低汚染性・高耐候性の環境対応型ウレタン樹脂塗料
●ウレタン樹脂の成分が、アクリル樹脂の成分の隙間に入り込み樹脂結合の強度を高め緻密で強固な塗膜を形成します。
●耐久年数:8~10年以上
セラミック変形シリコン塗料
(比較的高級な住宅塗替用塗料)
4フッ化フッ素樹脂塗料
(高層ビルなどの塗替にも使用する
超高級な住宅用塗料)
塗料種類 シリコン

●最先端のセラミックハイブリッドシリコンの技術により、従来の塗料にない高い耐久性の塗料
●塗料中のセラミックハイブリッドシリコン樹脂が塗膜を紫外線から守り、親水技術が低汚染性を発揮し、さらにバイオ技術により、カビ、藻の発生を抑えます。
(JISA6909耐候性1種合格)
●耐久年数:10~12年以上
塗料種類 フッ素

●4フッ化フッ素とセラミック変形樹脂を組み合わせ、非常に耐候性と低汚染性に優れた塗料です。
●バイオ技術により、カビ、藻の発生を抑え、透湿性が高いため結露から建物を守ります。
●耐久年数:15年以上

↑ページ上部へ

塗料別の期待耐用年数

塗料別の期待耐用年数

シリコン塗料はどのくらい持つのかというと10年~12年、4フッ化フッ素塗料はどのくらい持つのかというと、12年~15年程度。ただし、素材や環境条件などにより変動する場合もあります。シリコンではアクリル樹脂塗料の2倍以上、ウレタン樹脂塗料の1.5倍以上長持ちし、4フッ化フッ素ではアクリル樹脂塗料の約3倍、ウレタン樹脂塗料の約2倍、シリコン樹脂塗料の1.5倍長持ちしますので、長い目で見れば経済的にお得です。

↑ページ上部へ

フッ素塗料の場合
フッ素塗料 フッ素塗料

↑ページ上部へ

塗装体験談

戻る

問い合わせフリーダイヤル電話番号
a