流山市三輪野山 外壁塗装及び金属屋根カバー工法 3か月点検

本日(2021年11月26日)は、外壁塗装及び金属屋根カバー工法工事を行った現場の、3か月点検を行ってきました。

この画像は、外壁塗装前の写真です。

流山市三輪野山外壁塗装3か月点検

3か月前の施工後の写真です。

流山市三輪野山外壁塗装後

そして本日、施工完了後3か月経った状態がこちらです。

流山市三輪野山外壁塗装工事3か月点検

さすがに、3ヶ月程度では変化はありません。

塗装している材料は、日本ペイントのファインシリコンフレッシュです。

1階部分の色彩は、ND-375です。2階部分の色彩はND-371です。

化粧胴差や破風板なども、日本ペイントのファインシリコンフレッシュで、色彩は15-20Bです。濃い色が差し入りになり、締まって見えます。

屋根は、元々コロニアルが葺かれていました。

塗装できない屋根スレート瓦パミールこの段階でも、違和感を感じる方もいると思いますが、アップにしてみます。

塗装できないコロニアル屋根パミール層間で剥離している状態です。ミルフィーユ状にスレート瓦自体が剥がれてしまっています。

この状態で塗装を行っても、結局剥がれてしまうので、金属屋根カバー工法にて工事を行いました。

3か月前の工事後の写真は、こちらです。

流山市三輪野山 金属屋根カバー工法

そして今回、工事完了から3か月後の状態です。

流山市三輪野山 金属屋根カバー工法3か月点検

こちらも3か月程度では、変化はありません。

ちなみに、今回はニチハの横暖ルーフSにて、工事を行っています。

全景はこのような感じになります。

流山市三輪野山外壁塗装金属屋根カバー工法3か月点検

次回は6か月点検の2022年2月になります。

 

 

 

外壁塗装工事のための足場仮設 松戸市水性シリコンセラUV仕上げ(日本ペイント)

外壁塗装工事のための足場仮設 松戸市水性シリコンセラUV仕上げ(日本ペイント)

外壁塗装の工事を行うときには、足場の仮設は必ず必要になります。

塗装工事後には足場は取り外されます。建物のために残されることはありません。

ですから、足場の費用を抑えたいと考えますが、しっかりとした足場でなければ塗装作業の不安定から、仕上げの品質にも影響してきます。

足元がおぼつかない状態で、いい塗装の仕上げはできません。

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、                                                 松戸市の雨漏り110番松戸店高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ https://amamori-matsudo.jp/

お客様インタビュー  https://youtu.be/5VYoJOtyKK0
☆外壁塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

☆ユーチューブでも動画を配信しています。【雨漏り110番松戸店】で検索してください。

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

【外壁塗装時に注意したいチェックポイント】の動画はこちらをご覧ください。

外壁塗装時に注意したいチェックポイント

 

屋根塗装 サーモアイシーラー

屋根塗装 サーモアイシーラー

今回は、屋根塗装を日本ペイントの「サーモアイSi」で行います。

その下塗りとして「サーモアイシーラー」を塗装した状態です。

吸い込みの斑がないことを確認してから、上塗りを塗装していきます。

 

雨漏りのご相談は、雨漏り110番松戸店 高松工業有限会社へお気軽にご相談ください。・

フリーダイヤル:0120-110-826

雨漏り110番松戸店 http://amamori-matsudo.jp/

外壁塗装のことなら、高松工業有限会社 http://takamatsu-kogyo.com/

 

お気軽にご連絡ください。