長年雨漏りに悩んでいて解決せず、どこに頼んだらいいか分からなくなっていませんか?

長年雨漏りに悩んでいて解決せず、どこに頼んだらいいか分からなくなっていませんか?

柏市のお施主様から、長年の雨漏りでご相談いただきました。

ご相談をいただく前は、「20年間雨漏りに悩んで、いろいろな工事をしましたが、解決せず、 どこに頼むか分からなくなっていました。」とお困りでした。

雨漏り診断士という資格を知り、弊社をインターネットで探しましたが、 「20年間塗装工事等を頼んだが改善されなかったので、調査をしてわかるのか不安で すぐには連絡を入れられませんでした。」とおっしゃっていました。

それでも、ホームページを見て、相談しやすいと思い、ご連絡を頂けました。

ご連絡をいただいてからは、現地での事前調査を行い、「事前調査報告書」と散水調査のお見積りを提出し、 雨漏りの原因を探し出すご提案を行いました。

散水調査を行い原因を特定していきます。 疑わしい部位に一つづつ散水を行いましたが、なかなか再現できません。

やはり20年間雨漏りで悩まされている 建物なのでそう簡単には原因を突き止めることは出来ないのかもしれません。

新たに仮説を立てなおして散水調査を行います。 建物は線路の脇に建っていて、風の影響を強く受ける様になっています。

漏水箇所を外部から確認

室内で漏水している箇所を外部から確認します。線路脇に建っており、風の影響を多く受ける状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

矢印の様に室内で雨漏りが発生していて、通常雨は上から下に降り注ぎますが そのような状態を再現しても、雨漏りの症状は再現できませんので、 考えられることは、風を伴う雨が外壁に当った場合、漏れている所の上部に位置する アルミ笠木の中に雨水が浸入して、雨漏りを引き起こしているのではないかと仮説を立て 再度散水を行います。

雨水浸出し雨漏りが再現

水が浸出してきて雨漏りが再現されました。

 

 

 

 

 

 

 

すると、仮説を立てた通り雨漏りが再現してきました。

メカニズムとしては下図のようになります。

雨水浸出メカニズム

雨水浸出のメカニズムです。風を伴う雨の時に笠木の中に雨水が入り、建物内に雨水が浸入します。

 

 

 

 

 

 

 

風を伴う雨が、外壁面にあたりアルミ笠木の下端から、天端まで到達して 天端のひび割れ等から雨水が浸入しているというメカニズムです。

実際にアルミ笠木を撤去してみると、

アルミ笠木撤去

アルミ笠木を撤去してみると、笠木の天端には防水が施されていません。また、アングルとの取り合いにもすきまがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

天端は防水されてなく、ひび割れも生じており、アングルとモルタルの間にもすきまがあります。 仮説を立てた通りの状態になっていました。

原因がわかりましたので、天端に防水を行い風を伴う雨が当たったとしても、建物内に雨水が浸入し無いような 工事を行なえば、雨漏りの再発は起こりません。

工事後に散水調査をして漏れて来た時と同じように、検査を行いましたが漏れてくることはありませんでした。

お引渡し前検査

工事をした所から雨漏りがしない事を確認してからお引渡しを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

長年雨漏りでお困りでしたが、「工事後は、雨漏りがしないので、雨の日の心配が減りました。」との感想をいただきました。

20年間の雨漏りから解放されて、とても安心しているとの事です。

雨漏りの原因は何か、どのようなメカニズムで雨漏りがしているのかをしっかりと特定して、 雨漏りがしない為の工事を行なうことが、雨漏り解決には必要になります。

 

 

雨漏り調査・修理の関連ブログ

雨漏り調査の事例 】はこちらでご確認下さい。

雨漏り修理工事の事例 】はこちらでご確認下さい。

外壁塗装・屋根塗装の関連ブログ

外壁塗装の事例 】はこちらでご確認下さい。

屋根塗装の事例】はこちらでご確認下さい。

防水工事の関連ブログ

防水工事の事例】はこちらでご確認下さい。

ウレタン防水の事例】はこちらでご確認ください。

《お住まいの地域での事例はこちらからご確認ください》

松戸市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装 】はこちらでご確認ください。

柏市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

市川市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

葛飾区での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

三郷市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

船橋市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

流山市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

我孫子市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

野田市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

足立区での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

江戸川区での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

鎌ヶ谷市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

台東区での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

江東区での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

八潮市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

越谷市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

浦安市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

さいたま市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、                                                 松戸市の雨漏り110番松戸店高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ http://amamori-matsudo.jp/
☆外壁塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

エアコンの貫通部分からの雨漏り  柏市中新宿

柏市中新宿での、エアコンのホースの貫通部分からの雨漏りです。

エアコンのホースの貫通部分の位置は、軒のすぐ下にあり

通常の降雨では、雨が掛からない所にあります。

しかし風を伴う雨の時、横殴りの雨の時などには、その部分に雨水が当たり、

雨漏りの原因になってしまいます。

2階のベランダのサッシの上にあるエアコンホースの貫通部分に散水をしてみると、

エアコン貫通部散水

エアコンホースの貫通部に散水調査

1階の部屋の壁に、雨漏り具象として現れてきます。

壁からの雨漏り

壁からの雨水浸出

過去に雨漏りがしてついているシミ跡と同じように再現されています。

本来はモルタルの裏には、アスファルトフェルト(防水シート)が貼られており

貫通部の周囲から雨水が浸入しないように施工をしておいてから、

モルタルを塗り、塗装で仕上げていきます。

しかし、新たにエアコンを取り付ける場合などは、アスファルトフェルト

(防水シート)と配管の周囲は上記の施工が出来ない為に、

エアコンパテ等で塞ぐ程度になっているのが現状です。

エアコンパテに油分があり、雨水を浸入させないうちは、雨漏りとしての現象は

現れないですが、劣化してくれば、エアコンパテとホースの隙間から

雨水が浸入して、雨漏りを引き起こしてしまいます。

基本的には、防水シートの連続性を断っている部分、貫通部分やサッシ廻り等は

雨漏りを引き起こす原因箇所としては多くなります。

しっかりと原因を突き止めて、どのように対処するのかの判断が必要になります。

 

 

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、

松戸市の雨漏り110番松戸店高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ http://amamori-matsudo.jp/
☆外壁塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

照明器具からの雨漏り  柏市しいの木台

柏市しいの木台で、照明器具から雨漏りがしている事例です。

照明器具からの雨漏り

照明器具からの雨漏り

1階の天井に取り付けてある照明器具から、雨漏りがしているとの事です。

過去に、新築時に施工を担当された業者さんなどにより、

雨漏りの度に修繕を行ったとの事ですが、雨漏りが改善されなかったとの事。

実際に雨漏りが浸出している部分の真上を確認すると、

過去のウレタン防水による修繕工事の跡も見る事が出来ます。

漏っている所の真上の状況

漏っている所の真上の状況です。

赤丸の真下に雨水が浸出している照明器具の位置になります。

窓から下の床及び外壁の立上り部分には、防水工事が施工されていますので

その部分より上の位置から雨水が浸入していると想定されます。

実際にサッシ廻りに散水調査を行うと、

サッシ廻り散水調査

サッシ廻りへの散水調査

30分程度で、1階の照明器具から雨漏りが再現されました。

照明器具からの雨漏り

照明器具から雨水浸出

サッシ廻りから雨水が浸入しているのでは、いくら防水工事を行っても、

この雨漏りは止められません。

ここからだけの雨水浸入なのかを確認する為に、水が廻り込まない様に、

サッシ廻りをビニールで覆い、さらに上部に散水を続けます。

胴差への散水調査

胴差への散水調査

すると、照明器具からの雨水浸出が確認される前に、

玄関の天井でポタポタと漏水音が聞こえてきました。

玄関天井での雨音

玄関天井で雨音がしています。

写真の赤丸部分で音が聞こえる部位です。

また矢印の壁を挟んだ位置に浸出している照明器具があります。

サッシ廻りからだけではなく、胴差の上端からも建物内に雨水が

浸入していることが確認されました。

もし、サッシ部分だけで散水調査を終わらせていたら、胴差の上端の不具合は

発見出来ません。

浸入位置として、最も疑われる位置の散水にて、雨漏浸出が再現できたからと言って、

他の疑わしい部分の散水調査を怠ると複数浸入雨漏りを見逃すことになります。

適切な散水調査を行い、工事範囲を定めなければなりません。

 

 

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、

松戸市の雨漏り110番松戸店高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ http://amamori-matsudo.jp/
☆塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

屋上からの雨漏り 柏市南柏

柏市南柏の鉄筋コンクリート3階建ての建物で、3階の天井からの雨漏りです。

3階の天井にはシミ跡もついていて、雨量が多く、長時間降り続く雨の時に漏れてくるそうです。

天井の雨漏りのシミ跡

天井に雨漏りのシミ跡が出来ている状態です。

漏れている真上の状況はこのようになっています。

漏れている真上の防水の状態

漏れている真上の屋上防水の状態です。

アスファルト防水が施されていますが、防水層も切れていて、

その切れている部分から防水の裏に水が廻っています。

劣化の状態が悪い為、部分的な防水ではなく、屋上全体的に防水が必要です。

先ずは高圧洗浄で汚れを落としていきます。

雨漏りしている屋上で高圧洗浄はする場合としない場合と有りますが今回は高圧洗浄を行いました。

屋上高圧洗浄

屋上の高圧洗浄

笠木の浮き部分には、エポキシ樹脂を注入ピンニングし、モルタルとコンクリートを繋ぎます。

笠木エポキシ樹脂注入

笠木に穿孔し、エポキシ樹脂注入及びピンニング

塩ビシートを貼りつける為に立上り部分のアスファルトは撤去します。

立上り防水撤去

立上り部の防水を撤去します。

今回の防水は塩ビシート機械固定的工法ですので、絶縁シートを敷き、ディスク盤を取り付けて、

絶縁シート及びディスク盤

絶縁シート敷き及びディスク盤の取付

このディスク盤に塩ビシートを溶着させていきます。

端部も熱溶着した後に、溶剤で溶着させます。

塩ビシート端部溶着

塩ビシートの端部溶着作業

太陽光発電もジャッキアップして持ち上げ、下に塩ビシートを差し込んで、1枚物の防水層にしてあります。

防水工事の完成です。

塩ビシート機械固定的工法

屋上防水の完了です。

屋上防水を行ったことで雨漏りは解決しました、工法などはその建物に合った方法で行います。

今回の防水の工法は、塩ビシート機械的固定工法と言う方法で行いました。

 

 

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、松戸市の雨漏り110番松戸店(高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ http://amamori-matsudo.jp/
☆塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

注意!雨漏りを放っておくとこんな被害になることも

雨漏りがしている場合でも、雨漏りに気が付かない場合でも

建物内に雨水が浸入している場合には、内部の構造材に少なからず影響が出てきます。

下の写真は一見どこが悪いのか分かりませんが、手摺壁

しかし、外装材のサイディングを撤去してみると、この様な状態になっています。

手摺壁の雨漏り被害

手摺壁の雨漏り被害

スリットの両サイドは雨水が廻り、変色しています。

他の部分でも同様に合板に腐朽菌が繁殖している状態になってます。

手摺壁の腐朽菌

天井やサッシから雨漏りしている場合、室内の漏れている部位も傷んできますし

雨水が通過する部分も傷みが生じてきます、長い間放っておけば、放っておいた分だけ

劣化は進行してしまいますので、1年に1回位しか雨漏りしないからいいや、と考えるよりは

原因はどこなのか?どのようなルートを通って雨漏りが起きているのかをしっかりと調べて

適切な処置を行うことが、建物を長く健全に維持していけると考えます。

ご相談頂ければ、少し様子を見ていても大丈夫なのか、原因を探して処置を行った方が良い

のかの判断をし、お施主様と共にどう建物を維持していくのか考えていきます。

 

 

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、松戸市の雨漏り110番松戸店(高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ http://amamori-matsudo.jp/
☆塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。