屋根塗装 サーモアイシーラー

屋根塗装 サーモアイシーラー

今回は、屋根塗装を日本ペイントの「サーモアイSi」で行います。

その下塗りとして「サーモアイシーラー」を塗装した状態です。

吸い込みの斑がないことを確認してから、上塗りを塗装していきます。

 

雨漏りのご相談は、雨漏り110番松戸店 高松工業有限会社へお気軽にご相談ください。・

フリーダイヤル:0120-110-826

雨漏り110番松戸店 http://amamori-matsudo.jp/

外壁塗装のことなら、高松工業有限会社 http://takamatsu-kogyo.com/

 

お気軽にご連絡ください。

雨漏りの原因はここか!これじゃ雨漏りしちゃうよ

雨漏りの原因はここか!これじゃ雨漏りしちゃうよ

木造2階建ての建物で、ベランダの下の1階の天井に雨漏りがしています。

ベランダの下の天井から雨漏りがしてきます。

ベランダの下の天井から雨漏りがしてきます。

真上はベランダになっており、このどこからか雨水が浸入しています。

漏れている押し入れ天井の、真上のベランダになります。特に違和感はない状態です。

漏れている押し入れ天井の、真上のベランダになります。特に違和感はない状態です。

 

通常はベランダの床に水を溜め、漏れてくれば防水層に欠陥があると判断され、防水工事を行い雨漏りを解決します。(防水工事後にもベランダ床に水を溜め、漏れてこないことを確認します。)

ベランダの床に水を溜めても、漏れてこなければ防水には不具合はなく、ほかの部分から雨水が浸入していると考えて、散水調査を行い雨水の浸入位置を特定していきます。

(ベランダの防水工事後にも、ベランダ床のみが雨水浸入の原因かどうかを判断する為に、サッシ周りや貫通部など、疑わしい部位に散水を行い、確認していきます。)

 

今回のお施主様のご意向としては、散水調査を行わずに、疑わしい部分の外壁を剥がして、修理してもらいたいとの事でした。

この考えに至る背景には、築年数も10年を超えているので、外壁塗装と屋根塗装も同時に考えている。ベランダ床の防水に一部切れているところがあり、その周りに水が溜まっていて、ウォーターベット状になっている。といった症状が有ったため、散水調査にかかる費用を工事に回す考えで、散水調査は行わないという判断をされました。

もちろん散水調査をするメリット、しないことによるデメリットを十分ご理解いただいた上での判断です。

 

それではさっそく外壁を剥がしてみることにしましょう。

サイディングを剥がしてみると、透湿防水シートと水切りが一体になっていない状態です。この部分から雨水は室内に浸入してしまいます。

サイディングを剥がしてみると、透湿防水シートと水切りが一体になっていない状態です。この部分から雨水は室内に浸入してしまいます。

 

この写真を見て、「これじゃ、雨漏りしちゃうよ!」と思われた方は、木造の建物の雨仕舞の仕組みをしっかりと、理解されています。

サイディングのジョイント目地シーリング材の劣化による朽ちや界面剥離(剥がれ)、ひび割れなどの部分から、サイディングボード内に浸入した雨水は、透湿防水シートの上を伝い、水切り板金の上から排水されていきます。

しかし、上の写真のような納まり方では、サイディングボード内の透湿防水シートの上を伝った雨水は、水切り板金の内側に入り、室内へ雨漏りという症状とともに現れてきます。

また、雨漏りがしたからと言って、水切り板金の下端をシーリング材で塞ぐという補修を行っていました。

過去の雨漏りの修理の時に、水切りの下端をシーリング材で塞いでいます。これでは以前より雨漏りの頻度が多くなっていると思われます。

過去の雨漏りの修理の時に、水切りの下端をシーリング材で塞いでいます。これでは以前より雨漏りの頻度が多くなっていると思われます。

 

水切りの下端がふさがれています。これでは雨水の逃げ場がなくなり、室内に入っていくしかなくなります。当然雨漏りしてしまう納まりです。

では、どの様な収まりが、通常の納まりなのか?

水切りの立ち上がりにラップさせて透湿防水シートが張られています。この収まりが通常の状態です。

水切りの立ち上がりにラップさせて透湿防水シートが張られています。この収まりが通常の状態です。

この写真のように、水切りの立ち上がりと、透湿防水シートがしっかりとラップされ、

その上に胴縁が止めてあり、その胴縁の上からサイディングが貼ってある状態が、通常の状態です。

通常の状態でも、サッシのつばと防水テープ、透湿防水シートの不具合があれば、雨漏りしてきます。今回のような納まり方では、サイディングボード内に雨水が浸入すれば、確実に室内雨水は入ります。なぜこの様な納まり方にしたのかは疑問ですが、通常の収まりになるような方法で工事を行っていただきたいと考えます。

 

ちなみに下記のユーチューブのURLは、上記の工事を撮影しています。

ご興味がある方は、ご覧になってください。

 

 

 

雨漏りのご相談は、雨漏り110番松戸店 高松工業有限会社へお気軽にご相談ください。・

フリーダイヤル:0120-110-826

雨漏り110番松戸店 http://amamori-matsudo.jp/

外壁塗装のことなら、高松工業有限会社 http://takamatsu-kogyo.com/

 

お気軽にご連絡ください。

雨漏りの疑いも捨ててはいけません 浦安市

雨漏りの疑いも捨ててはいけません。 浦安市

雨漏り110番の施工事例に、雨漏り110番松戸店の施工事例を掲載いたしました。

雨漏りの疑いも捨ててはいけません。浴室天井裏でのシミ跡

隠ぺい配管からだけとは限りません。

続きはこちらから

 

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、                                                 松戸市の雨漏り110番松戸店高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ http://amamori-matsudo.jp/
☆外壁塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

 

 

《雨漏り調査・修理の関連ブログ》

雨漏り調査の事例 】はこちらでご確認下さい。

雨漏り修理工事の事例 】はこちらでご確認下さい。

《外壁塗装・屋根塗装の関連ブログ》

外壁塗装の事例 】はこちらでご確認下さい。

屋根塗装の事例】はこちらでご確認下さい。

《防水工事の関連ブログ》

防水工事の事例】はこちらでご確認下さい。

ウレタン防水の事例】はこちらでご確認ください。

《お住まいの地域での事例はこちらからご確認ください》

お住まいの地域の施工事例】はこちらからご確認ください。

 

戸袋廻りからの雨漏り 浦安市当代島

浦安市当代島での戸袋廻りから雨水が浸入している事例です。

1階の天井から雨が漏ってきている状態です。

天井からの雨漏り

天井から雨漏りがしています。

漏れてきている上の状況は、写真の様に

漏っている所の真上

漏っている天井の真上は、屋根と外壁の取合い部です。

下屋と外壁の取合いの下になり、その上には戸袋が有ります。

散水調査を行い原因部位はどこなのかを究明していきます。

散水調査の結果、雨水の浸入位置は外壁と戸袋廻りの取合い部が原因でした。

散水調査

被疑部位に散水調査を行い原因を探して行きます。

原因は戸袋と外壁の取合い部分に散水を行うと、写真の様に天井に雨漏りと同じ様な

シミ跡が出来てきます。

天井から雨水浸出

天井から雨水の浸出が再現されました。

修理を行う為に、外壁を一時撤去してみると、

壁内の柱部分に雨染みの跡が残っております、外壁と戸袋の取合い部分から浸入した

雨水は、柱を伝わり1階の天井に雨漏りを引き起こしていました。

壁解体後雨のシミ跡

壁を解体し、アスファルトフェルトを捲ってみると、シミ跡が確認できます。

壁内に雨水が浸入し、アスファルトフェルトの裏に廻り、

柱を伝って1階の天井まで到達しています。

壁にひび割れが出来ても、アスファルトフェルト内に雨水が、

廻りこまなければ雨漏りにはなりませんので、廻りこまない様な修理を行い、

復旧していきます。

修理完了後にも、引渡し前検査を行い雨水が廻りこまない事を確認してから、

お引渡しを致します。

この様に、散水調査を行い原因を探し出して、修理後にはその部位からは漏って

こない事を確認するための検査を行い、工事が完了します。

このような一連の作業が、雨漏りを再発させにくくするためには必要になります。

 

 

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、                                                 松戸市の雨漏り110番松戸店高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ http://amamori-matsudo.jp/
☆外壁塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

1階天井からの雨漏り 浦安市当代島

浦安市当代島での1階の天井からの雨漏りの事例です。

雨漏りがしている1階の天井のすぐ上は2階のベランダです。

1階の天井の照明器具の脇にシミ跡が有り、この部分から雨水が垂れてくるとの事です。

天井からの雨漏り

照明器具の脇の天井から雨水が浸出してくとの事です。

2階のベランダを確認します。

ベランダ床の防水にはひび割れや剥がれなどはありません、

トップコート(保護塗装)は、経年劣化によりチョーキングはしておりますが、

雨水が浸入するような不具合はありません。

外壁を確認すると出窓が2箇所あり、この出窓によって外壁内のモルタルの下の

アスファルトフェルトの連続性を断たれている状態になっています。

雨水浸入被疑箇所

出窓周囲が雨水の浸入被疑箇所になります。

サッシ廻り等の開口部周囲は雨水が浸入する可能性の高い部位ではありますが、

アスファルトフェルトや防水テープなどをしっかりと工事していれば、

アスファルトフェルトの連続性が断たれていても雨漏りを引き起こすことはありません。

散水調査を行い原因部位はどこなのかを確認すると

出窓散水調査

出窓廻りに散水調査を行い原因部位を探します。

20分程度の時間で雨漏りが再現してきました。

天井から雨漏り再現

天井から雨漏りが再現しました。

原因は外壁と出窓との取合部から雨水が建物内に浸入しています。

外壁モルタル内のアスファルトフェルトに不具合が生じていることが考えらえます。

実際に外壁を解体してみると、アスファルトフェルトと出窓天端の取合い部分に

不具合が生じていました。

アスファルトフェルトの不具合

外壁を解体してみるとアスファルトフェルトの部具合が確認できます。

雨漏りの修繕を行う時には、この様に外壁を解体して、

外壁内のアスファルトルーフィングを修理し、雨水が建物内に入り込まないような

工事をする事が必要であると考えます。

初めて雨漏りがした方は、そこまでしなければならないのか?

本当に散水調査の結果が信用できるのか?等と不安になることもあるかと思います。

伝える側も何故雨漏りがしているのか、どのような経路で雨が浸入してくるのか、

をしっかりとお施主様にご理解して頂けるようにお伝えすることが必要になります。

 

 

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、                                                 松戸市の雨漏り110番松戸店高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ http://amamori-matsudo.jp/
☆外壁塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。