屋上排水ドレンからの雨漏り 足立区青井

足立区青井の3階建て鉄骨ALCの建物の、3階の天井からの雨漏りの事例です。

屋上に上り疑わしい部位を確認していくと、排水ドレン部分には亀裂もあり、

疑わしい部位になります。

屋上排水ドレン

疑わしい部位の、屋上排水ドレン

長雨やゲリラ豪雨等、ドレンから排水できる量よりも雨の供給量が多くなれば

ドレン廻りには雨水が溜まってきます。

溜まればこのドレン廻りの亀裂から雨水は防水層の裏に廻ってしまい、

天井から雨漏りを発生させてしまいます。

排水ドレン廻りの亀裂

排水ドレン廻りに亀裂が入ってしまっている状態。

この様に排水ドレン部分が原因の場合の修繕方法としては、

改修用ドレンを取り付けて、この亀裂部分から雨水が建物内に浸入しない様な

工事をして行きます。

改修用ドレン取付

改修用ドレンを取り付けた状態です。

この改修用ドレンは、板部分が鉛製で穴の先にはジャバラが取り付けてあります。

改修用ドレンの裏側

改修用ドレンを裏側から見ると、この様になっています。

取り付ける前に裏から見るとこの様になっています。

この改修用ドレンを取り付けて防水を行うことにより、防水の上を雨水は流れ

穴から排水されていきます、すると先程の亀裂部分を通ることなく排水できるため

建物内に雨水が浸入しなくなります。亀裂部分にバイパスをつくるイメージです。

雨漏りの原因になる、雨水浸入位置の統計上、このドレンからの浸入は上位にあります。

ドレン廻りの亀裂を塞ぎ防水を行っただけでは、塞いだものが劣化すれば、

またそこから雨水がしてくるリスクがあります。

リスクを少なくするためにも、改修用ドレンなどを用いた防水工事を行うことが

重要になり、雨漏りの再発を防ぐ防水工事になります。

 

 

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、                                                 松戸市の雨漏り110番松戸店高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ http://amamori-matsudo.jp/
☆外壁塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

足立区千住寿町 鉄骨ALC3階建て外壁からの雨漏り その2

前回はALC版の外壁は、止水を版間の目地のシーリングやサッシ廻りのシーリング

ALC版自体に頼っている為、ただ塗装をすればいいのではなく

下地補修が重要になるお話をお伝えいたしました。

前回のブログ「足立区千住寿町 鉄骨ALC3階建て外壁からの雨漏りその1」

今回は通常の塗装ではなく、防水塗装を行っておりますので、その作業をお伝えします。

今回も足立区千住寿町の建物です。

先ずは高圧洗浄、これは通常の塗装と同じでしっかりと汚れや弱ってしまった塗膜を除去していきます。

外壁高圧洗浄

サッシ等非塗装部分の養生を行ってから、塗装を行っていきます。まずはシーラーを塗装します。

シーラーは外壁の塗料の吸い込みを止める為や、次に塗る塗料の密着性を良くするために塗っていきます。

ワイドシーラー塗装

次に高弾性の防水塗材の1回目の塗装になります、多孔質ローラーを使用し、通常のウールローラーで塗装するよりも塗布量が多く外壁に付くようにして行きます。

スーパーダンセイロール主材

続いて高弾性の防水塗材の2回目目の塗装になります。ここでもまた多孔質ローラーを使用して、塗布量を多く外壁に塗り付けていきます。

スーパーダンセイロール主材

続いて上塗りの1回目の塗装を行い

ダイヤナチュラルシリコン

塗り重ね乾燥時間をしっかりと確保して、上塗りの2回目の塗装を行います。

ダイヤナチュラルシリコン

下の写真が、塗装工事をする前の状態で

外壁塗装後

塗装工事完了後は下の写真のようになります。

外壁塗装完了

今回は外壁の塗装は美観や長持ちする塗装だけではなく、建物内に雨水を浸入させない

高弾性の防水塗装を行い、雨漏りしない改修工事を行いました。

お客様アンケート

アンケートにもご協力いただきました。

1.弊社をお選びいただく決め手となったことを教えてください

・地元(近所)・接客が丁寧だった・専門店だから  に丸印を頂きました。

2.工事が終わってみて、ご感想はいかがですか?

外壁を担当されていた方は、とても丁寧に対応して頂いてありがたかったです。

高松さんもお忙し中、私の質問や不安等を1つ1つ丁寧にお答えいただき

安心してお任せできました。ありがとうございました。

(大雨が降った翌日に確認のお電話を頂きとても嬉しかったです)

3.(もし別件で必要が出来た時は)また弊社にお願いしても良いと思われますか?

はい   に丸を頂きました。

価格は安いとまではいきませんが、対応にはとても安心できましたのでお願いすることが有れば

又、宜しくお願いします。

4.お知り合いやご近所に薦めても良いと思われますか?

はい   に丸を頂きました。

価格と内容にご理解された上でなら「おまかせても大丈夫ですよ」と進言してもよろしいかと思います。

「安心してお任せできました」といううれし言葉もいただけました、ありがとうございました。

足立区の雨漏りのご相談は、雨漏り110番松戸店へ

 

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、松戸市の雨漏り110番松戸店(高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ http://amamori-matsudo.jp/
☆塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

足立区千住寿町 鉄骨造ALC3階建て外壁からの雨漏りその1

足立区千住寿町の鉄骨造3階建ての建物で、室内の天井や壁から雨水が浸出しており、ご相談を頂きました。

下の雨漏り跡の写真は3階建ての建物の2階の部屋の状況です。

壁から雨水浸出

外壁のALC版自体にひび割れが多数発生しており、又版間の目地のシーリングや

サッシ廻りのシーリングの劣化が著しいことから、外壁の全体的な改修工事を

行いたいとの意向で、外壁の防水塗装及び屋上防水工事を行うことで計画を致しました。

版間の目地のシーリングの打ち替えの手順は

先ず既存の目地のシーリングの撤去

ALC版間目地撤去

清掃後にプライマーの塗布

ALC版間目地プライマー

ノンブリードウレタンのシーリング材の充填

ウレタンシーリング充填

シーリング材のヘラ押さえ

シーリング材ヘラ押さえ

シーリングを充填しヘラ押さえ後の状態

シーリング材充填ヘラ押さえ後

サッシ廻りのシーリングも同様に、まずは既存のシーリングを撤去します。

サッシ廻りシーリング撤去

清掃後にプライマーの塗布

サッシ廻りプライマー塗布

塗装で覆われてしまう部分なので、ノンブリードのウレタンシーリングにて充填

サッシ廻りシーリング材充填

シーリング材をヘラで押えます

サッシ廻りシーリング材ヘラ押さえ

シーリング材の充填、ヘラ押さえ後の状態

サッシ廻りシーリング材充填ヘラ押さえ後

ALC版の脆弱部分、このひび割れ部分は叩くと落ちてしまう位浮いている状態です。

ALC版外壁脆弱部

実際にハンマーでたたくと簡単に落ちてしまい、中の鉄筋が見えてしまう状態です。

ALC版外壁斫り

ALCパウダーで成形して下地の補修を行います。

ALC版外壁整形

鉄骨造ALCの外壁は、止水を版間のシーリングやサッシ廻りのシーリング及びALC版自体に頼っています。

その為に雨漏りを止める為には、ただ塗装をすればいいのではなく、しっかりと下地処理や

シーリングの打替えが重要になってきます。下地補修をしっかりと行ったうえで

塗装の工事に進んでいきます。

次回は高圧洗浄から塗装工事の作業の状況をお伝えします。

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、松戸市の雨漏り110番松戸店(高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ http://amamori-matsudo.jp/
☆塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。

松戸市生活カタログ市民便利帳のP181もご覧ください。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。

サッシからの雨漏り 木造

木造の建物でサッシからの雨漏りは数多くご相談を頂きます。

NPO法人雨漏り診断士協会の発表している雨水浸入位置で

数の多さでは上位に来ています。

但し、雨水浸入位置は1箇所だけとは限りません。

この事例は足立区足立区梅田の建物です。

下の写真のように、サッシの枠から雨漏りがしております。

和室サッシからの雨漏り

和室サッシ枠からの雨漏り

この雨水が垂れ落ちてくる箇所の外部を確認します。

木造サッシからの雨漏り

外部から確認すると位置関係はこのようになります。

ハシゴ等を使って外壁を確認して、疑わし箇所(被疑箇所)を特定します、

この後、雨漏り再現調査(散水調査等)のお見積りを提出して、

調査を行います。

実際に調査をしている写真です。

サッシ散水調査

パワーボードのジョイント部分に雨漏り再現調査(散水調査)を行うと

下の写真のように雨漏りを再現しました。

和室サッシからの漏水

更に、その上の出窓サッシの縦枠と外壁の境部分に雨漏り再現調査(散水調査)を行うと

出窓雨漏り

下の写真のように、雨漏りが再現しました。

サッシ木枠からの雨漏り

もちろん、最初に雨水が浸入した箇所に、水が回らないように配慮はしてあります。

出窓枠散水調査

今回の雨漏り再現調査では、出窓サッシの縦枠と外壁の境部分

及び、出窓下のパワーボードのジョイント部分が「雨水浸入位置」で

1階のサッシ上枠部分が「雨水浸出位置」でした。

この様な雨漏りにパターンは【複数浸入雨漏り】と言います。

ご覧になって分かりますように、パワーボードのジョイント部分だけ

修繕工事を行ったのでは、この雨漏りは止められません。

同様に、出窓サッシの縦枠と外壁の境部分のみ修繕工事を行ったのでは

この雨漏りは止められません。

しっかりと「雨水浸入位置」を特定してから、修繕工事を行うことによって

確実に雨漏りを止める事が出来ます。

雨漏りの再現調査などは一見遠回りのように思われますが、

実は近道であり、確実に雨漏りを止められることになるのです。

足立区での雨漏り・外壁塗装のご相談は雨漏り110番松戸店の高松工業へお尋ねください。

 

 

関連ブログ
雨漏り調査の事例 】でご確認下さい。

雨漏り修理工事の事例 】でご確認下さい。

外壁塗装の事例 】はこちらでご確認下さい。

屋根塗装の事例】はこちらでご確認下さい。

防水工事の事例】はこちらでご確認下さい。

《お住まいの地域での事例はこちらからご確認ください》
松戸市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装 】はこちらでご確認ください。

柏市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

市川市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

葛飾区での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

三郷市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

船橋市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

流山市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

我孫子市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

野田市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

足立区での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

江戸川区での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

鎌ヶ谷市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

台東区での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

江東区での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

八潮市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

越谷市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

浦安市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

さいたま市での、雨漏り調査・修理、外壁塗装】はこちらでご確認ください。

雨漏りの調査・修繕工事や外壁・屋根塗装のご相談は、松戸市の雨漏り110番松戸店(高松工業(有))へお気軽にご相談ください。
☆フリーダイヤル 0120-110-826
☆雨漏りホームページ http://amamori-matsudo.jp/
☆塗装ホームページ  http://www.takamatsu-kogyo.com

松戸市役所及び支所内のTVモニターにて
動画広告を放映しております。
地元松戸市の財源確保に微力ながら貢献させて頂いております。